「商標調査の枠を超えたネーミングサポートの実現」岩原将文/IP-RoBo CEO

前回は、事業部との連携による二段階調査の実現についてご紹介させていただきましたが、今回は、“ネーミングサポートの実現について”お伝えします。

 

#TM-RoBoの特徴から叶うこと

おさらいになりますが…
これまでの商標データベースサービスにはないTM-RoBo特殊性は下記の3つです。

TM-RoBoの特徴

1.専門家と同程度の精度で結果を数値化して表示

2.結合商標の処理を実現

3.AIシステムにより入出力がシンプルでわかりやすい

 

上記の通り、事業部やマーケティング部等の現場で商標調査を行うことが可能となると、単に調査商標のオリジナル性の判断結果を確認するだけでなく、調査対象の商品・役務や同一類似群コード等において、似たような商標を競合他社がどのようにどれくらい出願しているかなどが一目瞭然となり、当該分野におけるネーミングの傾向を知ることができます。

 

#商標調査の枠を超えたネーミングサポート

実際の判定結果新画面は、こちらです。



 

このように、ネーミング案を考えてTM-RoBoで判定してみると、ネーミング案そのものの商標調査だけでなく、競合他社の商標出願状況やネーミングの傾向等がリアルタイムで得ることが可能となります。このことから、TM-RoBoは、リスク回避のための商標調査だけでなく、積極的にネーミングサポートを実現することができます。

 

知財という面では非専門家の事業部やマーケティング部のみなさまにとって、商標調査としてだけではなくご自身の業務に直接的なメリットを感じていただけますと幸いです。

 

今回は、TM-RoBoの導入により、商標調査の枠を超えてネーミングサポートの実現が可能になることについてご紹介させていただきました。

 

******************************************************************

[ 執筆者 プロフィール ]
岩原 将文 /株式会社IP-RoBo CEO

2000年弁護士登録。
主として、特許、著作権その他の知的財産権に関する相談、契約、訴訟等を行う。
大学・大学院時代には、機械学習に関する研究を行っていた。

<関連リンク>
WEB:https://www.ip-robo.co.jp/
お問い合わせ:info@ip-robo.co.jp

******************************************************************