TM-RoBoの3つの特徴

最新の人工知能

調査したい商標に対し、ある程度共通性を持つ出願・登録商標との類否判断を、専門家と同等の精度で判定を強力にサポートするため、調査者に要求される専門的知識、実務経験を軽減することはもちろん、判定に要した労力的、時間的負担を大幅に削減します。

このため、商標調査の専門的知識がない一般の方でも、簡単に商標調査を行うことができます。また、専門家の方にとっては、飛躍的な業務効率改善を実現することを可能とします。

さらに、TM-RoBoは新たな審決等を継続的に学習するため、時代の変化等にも柔軟に対応し、常に的確な判断を行います。

わかりやすく数値表示

様々な判定結果を数値化してわかりやすく表示します。

調査したい商標の称呼と出願・登録商標の各称呼との類似度(TMR)をパーセンテージ(%)で類似度順に並べて表示するため、一定以上に類似しているヒット商標のみに絞って検討することが可能です。そのため、これまでの調査と比べ、検討すべき商標数が10分の1~3000分の1まで減少し、大幅な業務効率が実現できます。

結合商標判定では、含まれる各語の識別力、各組合せ語の要部認定の可能性(TMC)、各組合せ語の安全度(TMS)、調査したい商標を出願・使用する場合の安全度等の各指標を全て数値化して表示し、危険性に応じた色分けも行います。そのため、調査を客観視でき、重点的に検討すべき事項が一目でわかるようになり、業務効率の飛躍的向上が実現できます。

また、ユーザー企業様からは、「全ての検討事項がリアルタイムに数値化表示されることにより、まるで商標専門家が側についている状況となり、商標調査の専門家育成に必要な人的時間的コストを3分の1に圧縮できた」とのお声もいただいております。

結合商標の専門的判定にも対応

商標調査では、結合商標(=複数の語が結合することでできた商標のこと 例:「ふわふわ桜リップParis」は「ふわふわ」「桜」「リップ」「Paris」の4つの語が結合してできている)の処理が極めて重要であるにもかかわらず、その専門性の高さから、結合商標処理に対応したシステムは存在していない状況でした。

そのため、一般の方には結合商標調査を行うことは事実上不可能とされ、商標調査の専門家にとっても、高度な専門的知識と判断を要求されるとともに、非常に煩雑な作業を強いられるため、時間的労力的にも大変な負担となっていました。

その中で、TM-RoBoは、高度な専門的知識、判断過程等を複数のAIで複雑に組み合わせることにより、世界でも類を見ない結合商標判定機能の実現を成功しました。TM-RoBoの結合商標判定機能は、漢字、アルファベットを含む文字商標をそのまま入力し、商品役務等を指定するだけで、複数の語への分割、称呼付与、識別力判定、組合せ語の自動生成、各組合せ語の各種指標等を短時間で判定します。

さらに、各指標を判定した根拠についてもできる限り表示します。このことにより、一般の方でも、結合商標判定を簡単に行うことができ、専門家にとっても短時間で正確に客観的な判断を行うことが可能となりました。また、判定に関係する根拠が得られることで、拒絶理由通知や侵害主張に対応する際に有益な情報も得ることもできます。

商標調査を
誰にでも、より早く、より正確に行えることで
本格的な知財経営戦略

まずは無料版を試す