「商標調査における人材育成の短縮化の実現」岩原 / IP-RoBo CEO

前回の「商標調査の枠を超えたネーミングサポートの実現」のご紹介に続き、今回は、「商標調査における人材育成の短縮化の実現」についてご紹介させていただきます。

 

毎度おさらいになりますが…
これまでの商標調査システムにはないTM-RoBo特殊性は下記の3つです。

 

#TM-RoBoの3つの特徴

1.専門家と同程度の精度で結果を数値化して表示

2.結合商標の処理を実現

3.AIシステムにより入出力がシンプルでわかりやすい

 

上記のことから、商標調査についての専門知識がまだ十分ではない新たな知財部員の方でもTM-RoBoを活用することですぐに商標調査を行うことが可能となります。

 

 

#商標調査における人材育成の短縮化の実現

一つひとつの調査商標ごとに、専門的知識が豊富な専門家と同程度のAIが客観的な数値や根拠を示してきますので、自分の感覚とのずれを明確にすることができます。いわば、TM-RoBoが熟練の知財部員先輩のように、全ての調査ごとにアドバイスをくれることになります。しかもTM-RoBoは怒ったりいやがったりせず、どこまでもつきあってくれます(笑)。

 

このことから、新知財部員が商標調査の技術・感覚を身に着けるための期間が大幅に短縮されると考えられます。

 

 

ポーラ・オルビスホールディングス様からは、通常3年ほどかかる新知財部員の教育がTM-RoBoを利用することで約1年に短縮されたとの声をいただいております。

▶︎導入事例はこちら

 

これまで過去の「二段階調査」「ネーミングサポート」、今回の「人材育成の大幅な短縮化」の3回に渡り、TM-RoBoが直接的な調査以外にもご利用いただく方々をサポートできることとしてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

次回からは、TM-RoBoの各機能を個別にご紹介していきたいと思います。

 

******************************************************************

 

[ 執筆者 プロフィール ]

岩原 将文 /株式会社IP-RoBo CEO

 

2000年弁護士登録。

主として、特許、著作権その他の知的財産権に関する相談、契約、訴訟等を行う。

大学・大学院時代には、機械学習に関する研究を行っていた。

 

<関連リンク>

WEB:https://www.ip-robo.co.jp/

お問い合わせ:info@ip-robo.co.jp

 

******************************************************************